自宅から相談できる面がメリット

>

わからないことがたくさんある

銀行が担当してくれること

銀行は相続に関する相談以外に、実際に金融機関に残高証明書の発行をお願いしたり、法務局で不動産の全部事項証明書を得たりしてくれます。
何をすれば良いのかわからない人は、全て銀行に任せましょう。
さらにどのような財産があるのか一目でわかるように、財産目録を作成しなければいけませんが、それも銀行が担当してくれます。

金融機関の預貯金の換金の手続きも可能ですが、名義変更はできないので注意しましょう。
お金ではなく不動産を受け継いだ場合に、名義を変更する際も銀行に相談しましょう。
すると提携している司法書士事務所を紹介されるので、そちらを頼りにしてください。
このように銀行は様々な手続きをサポートしてくれるので、活用すべきです。

外出しなくても良い

利用する人が増えている理由は、ネットで相談できるからです。
わざわざ銀行に行かなくても良いので、時間がない人でも助かります。
遺産を受け継いで様々な手続きをしなければいけないかもしれませんが、自分にも普段から取り組んでいる仕事があります。
手続きと仕事をうまく両立させるのは、難しいかもしれません。

どちらかが疎かになったら困るので、銀行に手続きを任せた方が良いです。
そして自分は、仕事に集中しましょう。
また相続の手続きで忙しくなると、次第にストレスが溜まってしまいます。
身体を壊さないよう、無理のない範囲で、自分にできることを行ってください。
さっそくパソコンやスマートフォンを使い、銀行にサポートを依頼しましょう。


TOPへ戻る